公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

マイページ ログイン

 

h2_about

h3_about01

h4_about01

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
機械保全をはじめ、機械加工、建築大工、ファイナンシャルプランナーなど、全部で128職種の試験があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。

h4_about02

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。それぞれの試験の程度は次のとおりです。
等級合格に必要な技能・知識
特級管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
1級 及び 単一等級上級技能者が通常有すべき技能の程度
2級中級技能者が通常有すべき技能の程度
3級初級技能者が通常有すべき技能の程度

h4_about03

実技試験と学科試験により行われ、両方の試験に合格することが必要です。

h4_about04

技能検定は(1)都道府県知事が実施するものと(2)民間の指定試験機関が実施するものがあります。

(1)都道府県知事が実施する職種
厚生労働省が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。

(2)指定試験機関が実施する職種
職業能力開発促進法施行令において規定された技能検定の実施に関する業務は、指定試験機関が行っています。
機械保全技能検定は、指定試験機関である公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施します。

h3_about02

h4_about05

機械保全とは、機械単体の保全ではなく、工場や生産ラインの設備機械全体の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的なのものです。
機械保全技能検定は、機械保全に必要な技能・知識を対象として実施いたします。
合格すると、「機械保全技能士」と名乗ることができます。

h4_about06

機械保全技能士の資格を取得するには、国家試験の学科および実技の各試験に合格する必要があります。

h4_about07

機械保全技能士を取得することで、保全の知識と技能が第三者からも明らかな形で公平に評価されます。

高度な製造環境に対応できる保全士を数多く輩出することが期待でき、質の高い労働人口が確保されることにより、産業界(企業)の競争力強化を支援します。

企業・団体によっては、受検料補助、合格報奨金の支給、資格手当て給付等を受けることができます。

h4_about09

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が、職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づく指定試験機関として、機械保全技能検定の試験業務を行います。 (平成27年度より)

機械保全技能検定とは

技能検定制度の概要

技能検定制度とは

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
機械保全をはじめ、機械加工、建築大工、ファイナンシャルプランナーなど、全部で128職種の試験があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。

等級について

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。それぞれの試験の程度は次のとおりです。

等級合格に必要な技能・知識
特級管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
1級 及び 単一等級上級技能者が通常有すべき技能の程度
2級中級技能者が通常有すべき技能の程度
3級初級技能者が通常有すべき技能の程度

試験について

実技試験と学科試験により行われ、両方の試験に合格することが必要です。

実施体制について

技能検定は(1)都道府県知事が実施するものと(2)民間の指定試験機関が実施するものがあります。

(1)都道府県知事が実施する職種
厚生労働省が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。

(2)指定試験機関が実施する職種
職業能力開発促進法施行令において規定された技能検定の実施に関する業務は、指定試験機関が行っています。
機械保全技能検定は、指定試験機関である公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施します。

機械保全技能検定の概要

機械保全技能検定とは

機械保全とは、機械単体の保全ではなく、工場や生産ラインの設備機械全体の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的なのものです。
機械保全技能検定は、機械保全に必要な技能・知識を対象として実施いたします。
合格すると、「機械保全技能士」と名乗ることができます。

機械保全技能士を取得するには

機械保全技能士の資格を取得するには、国家試験の学科および実技の各試験に合格する必要があります。

機械保全技能士を取得するメリット

機械保全技能士を取得することで、保全の知識と技能が第三者からも明らかな形で公平に評価されます。

高度な製造環境に対応できる保全士を数多く輩出することが期待でき、質の高い労働人口が確保されることにより、産業界(企業)の競争力強化を支援します。

企業・団体によっては、受検料補助、合格報奨金の支給、資格手当て給付等を受けることができます。

資格取得者のメリット

企業のメリット

実施機関

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が、職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づく指定試験機関として、機械保全技能検定の試験業務を行います。 (平成27年度より)