公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

新規登録・マイページ ログイン

 

受検案内と下記の注意事項をよく読んで、申請をお願いします。
(1)個人情報の取扱い

受検申請手続きで登録・申請いただく情報は、機械保全技能検定試験を実施するために必要なものに限っており、機械保全技能検定試験の実施運営および試験に関する情報提供のみに利用いたします。


(2)受検手数料について

・支払期限までに受検手数料のお支払いがない場合、受検申請は無効になります。

・職業能力開発促進法施行令の規定により、受検申請受理後は、受検をしなかった場合であって も受検手数料の返還はいたしません。次回以降の手数料に充当することもできません。ただし、天災その他受検者の責に帰することのできない事由により受検できなかった場合は返還することがあります。

・受検手数料以外に決済方法により、振込手数料や決済手数料(80円)がかかります。また、振込手数料や決済手数料は申請者のご負担となります。


(3)申請内容の変更など

・受検申請後に、申請内容の変更はできません。ただし、住所、氏名などの受検者個人の属性に関する事項 については、該当事象が発生した場合、速やかに受検サポートセンターに連絡をしてください。

・受検申請書提出後に転居や住所などに変更があった場合は、受検票や結果通知など通知物が届かない場合がありますので、必ず郵便局の転居・転送サービスなどをご利用ください。


(4)障がいのある方、介助が必要な方

・障がいのある方で、受検時に一定の配慮が必要な方や、試験当日に介助者など受検者以外の方の同伴が必要な場合は、受検申請後に受検サポートセンターにご連絡ください。


(5)感染症(インフルエンザ等)への対応について

・試験当日、インフルエンザ等の感染症に感染し治癒していない受検者は、他の受検者や検定委員、運営スタッフなどへの感染のおそれがありますので受検することができません。


(6)個人申請と団体申請について

受検申請は原則として受検者本人からの申請となります。
ただし、学校や企業などの団体で受検者をとりまとめる場合は、とりまとめ担当者による代理申請も可能ですが、必ず受検者本人の同意(確認)を得てください。
代理申請による受検申請内容に不備があり受検できなかった場合や、不便・費用の不利益が発生しても当会は責 任を負いかねます。


(7)本人確認書類の提出について

今年度第2回試験より本人確認書類(運転免許証、保険証等の写し等)の提出が必要となります。本人確認書類の提出がない場合は、申請を受理できませんので、ご注意ください。
提出方法は申請方法により異なりますので、各請ごとに確認してください。

<本人確認書類として認められる証明書類の例>
①運転免許証や日本の官公庁が発行した身分証明書
②特別永住者証明書、在留カード
③健康保険被保険者証
④生徒手帳、学生証
⑤外国政府が発行した旅券(写真欄及び日本国査証欄)
※上記の証明書類でも氏名および生年月日が確認できないものは、認められません
※学生の方の場合、所属校の校長などの署名により、本人確認書類貼付の代替とすることができます(受検申請書の貼付欄内に署名捺印ください)

※①~⑤以外の証明書類の場合は、受検サポートセンターまでお問合せください


(8)受検申請時の受検資格について

今年度第2回試験より受検申請時の「受検資格」の記入方法が変更になりました。該当する受検資格(No.)を、「各等級の受検資格(短縮要件)」で受検者本人が確認してください(特級は不要)。申請時に受検資格No.が必要になります。

申請の単位には、個人での申込み(以下「個人申請」という)と団体内の受検申請をまとめて一括で行う申請(以下「団体申請」という)の2種類があります。
  インターネット申請 郵送申請
申請期間 平成29年9月11日(月)
~ 10月6日(金)23:59まで
平成29年9月11日(月)
~ 9月29日(金)消印有効
個人申請

・クレジットカード/ATM/コンビニで決済

・受検資格:ABCのみ申請可能
(受検資格DEFGは郵送申請のみ)

・本人確認書類を後日郵送

・払込取扱票で支払

・すべての受検資格の申請が可能

・本人確認書類は申請書に貼付

団体申請

・一括:請求書による支払
個人:クレジットカード/ATM/コンビニで決済

・エクセルで一括申請が可能

・受検資格:ABCのみ申請可能
(受検資格DEFGは郵送申請のみ)

・本人確認書類を後日郵送

・一括:請求書による支払
個人:払込取扱票で支払

・すべての受検資格の申請が可能

・本人確認書類は申請書に貼付

「インターネット申請」または「郵送申請」の2つの申請方法があります。

受検申請の際は、受検資格を証する書類、試験の免除を証する書類は不要です。
一部の受検者については会場に持参を求める場合があります。

h4_apply04

「インターネット申請」または「郵送申請」の2つの申請方法があります。


受検申請の際は、受検資格を証する書類、試験の免除を証する書類は不要です。
一部の受検者については会場に持参を求める場合があります。

受検申請書送付先
〒277-8691 日本郵便株式会社 柏郵便局 私書箱第5号
機械保全技能検定 受検サポートセンターあて

受検サポートセンター(株式会社シー・ビー・ティソリューションズ内)
TEL:03-5209-0553(平日:10:00~17:00)
FAX:03-5209-0552 E-mail:kikaihozen@cbt-s.com
※公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、機械保全技能検定の業務の一部を株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズに委託しています。

受検申請

受検申請上の注意点

受検案内と下記の注意事項をよく読んで、申請をお願いします。

(1)個人情報の取扱い

受検申請手続きで登録・申請いただく情報は、機械保全技能検定試験を実施するために必要なものに限っており、機械保全技能検定試験の実施運営および試験に関する情報提供のみに利用いたします。


(2)受検手数料について

・支払期限までに受検手数料のお支払いがない場合、受検申請は無効になります。

・職業能力開発促進法施行令の規定により、受検申請受理後は、受検をしなかった場合であって も受検手数料の返還はいたしません。次回以降の手数料に充当することもできません。ただし、天災その他受検者の責に帰することのできない事由により受検できなかった場合は返還することがあります。

・受検手数料以外に決済方法により、振込手数料や決済手数料(80円)がかかります。また、振込手数料や決済手数料は申請者のご負担となります。


(3)申請内容の変更など

・受検申請後に、申請内容の変更はできません。ただし、住所、氏名などの受検者個人の属性に関する事項 については、該当事象が発生した場合、速やかに受検サポートセンターに連絡をしてください。

・受検申請書提出後に転居や住所などに変更があった場合は、受検票や結果通知など通知物が届かない場合がありますので、必ず郵便局の転居・転送サービスなどをご利用ください。


(4)障がいのある方、介助が必要な方

・障がいのある方で、受検時に一定の配慮が必要な方や、試験当日に介助者など受検者以外の方の同伴が必要な場合は、受検申請後に受検サポートセンターにご連絡ください。


(5)感染症(インフルエンザ等)への対応について

・試験当日、インフルエンザ等の感染症に感染し治癒していない受検者は、他の受検者や検定委員、運営スタッフなどへの感染のおそれがありますので受検することができません。


(6)個人申請と団体申請について

受検申請は原則として受検者本人からの申請となります。
ただし、学校や企業などの団体で受検者をとりまとめる場合は、とりまとめ担当者による代理申請も可能ですが、必ず受検者本人の同意(確認)を得てください。
代理申請による受検申請内容に不備があり受検できなかった場合や、不便・費用の不利益が発生しても当会は責 任を負いかねます。


(7)本人確認書類の提出について

今年度第2回試験より本人確認書類(運転免許証、保険証等の写し等)の提出が必要となります。本人確認書類の提出がない場合は、申請を受理できませんので、ご注意ください。
提出方法は申請方法により異なりますので、各請ごとに確認してください。

<本人確認書類として認められる証明書類の例>
①運転免許証や日本の官公庁が発行した身分証明書
②特別永住者証明書、在留カード
③健康保険被保険者証
④生徒手帳、学生証
⑤外国政府が発行した旅券(写真欄及び日本国査証欄)
※上記の証明書類でも氏名および生年月日が確認できないものは、認められません
※学生の方の場合、所属校の校長などの署名により、本人確認書類貼付の代替とすることができます(受検申請書の貼付欄内に署名捺印ください)

※①~⑤以外の証明書類の場合は、受検サポートセンターまでお問合せください


(8)受検申請時の受検資格について

今年度第2回試験より受検申請時の「受検資格」の記入方法が変更になりました。該当する受検資格(No.)を、「各等級の受検資格(短縮要件)」で受検者本人が確認してください(特級は不要)。申請時に受検資格No.が必要になります。

受検申請手続きの概要

申請の単位には、個人での申込み(以下「個人申請」という)と団体内の受検申請をまとめて一括で行う申請(以下「団体申請」という)の2種類があります。

  インターネット申請 郵送申請
申請期間 平成29年9月11日(月)
~ 10月6日(金)23:59まで
平成29年9月11日(月)
~ 9月29日(金)消印有効
個人申請

・クレジットカード/ATM/コンビニで決済

・受検資格:ABCのみ申請可能
(受検資格DEFGは郵送申請のみ)

・本人確認書類を後日郵送

・払込取扱票で支払

・すべての受検資格の申請が可能

・本人確認書類は申請書に貼付

団体申請

・一括:請求書による支払
個人:クレジットカード/ATM/コンビニで決済

・エクセルで一括申請が可能

・受検資格:ABCのみ申請可能
(受検資格DEFGは郵送申請のみ)

・本人確認書類を後日郵送

・一括:請求書による支払
個人:払込取扱票で支払

・すべての受検資格の申請が可能

・本人確認書類は申請書に貼付

個人申請

「インターネット申請」または「郵送申請」の2つの申請方法があります。

受検申請の際は、受検資格を証する書類、試験の免除を証する書類は不要です。
一部の受検者については会場に持参を求める場合があります。

(1)個人申請(インターネット申請)

◎受検申請期間:平成29年9月11日(月)〜10月6日(金)23:59まで


インターネット受検申請マニュアル【個人用】(PDF)

送付用宛名ラベル【本人確認書類提出用】(PDF)

団体申請

「インターネット申請」または「郵送申請」の2つの申請方法があります。


受検申請の際は、受検資格を証する書類、試験の免除を証する書類は不要です。
一部の受検者については会場に持参を求める場合があります。

(1)団体申請(インターネット申請)

◎受検申請期間:平成29年9月11日(月)〜10月6日(金)23:59まで


インターネット受検申請マニュアル【団体用】(PDF)

送付用宛名ラベル【本人確認書類提出用】(PDF)

受検サポートセンター

受検申請書送付先
〒277-8691 日本郵便株式会社 柏郵便局 私書箱第5号
機械保全技能検定 受検サポートセンターあて

受検サポートセンター(株式会社シー・ビー・ティソリューションズ内)
TEL:03-5209-0553(平日:10:00~17:00)
FAX:03-5209-0552 E-mail:kikaihozen@cbt-s.com

※公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、機械保全技能検定の業務の一部を株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズに委託しています。