公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

マイページ ログイン

 

h28vol1pc

h3_schedule01

第1回試験は、3級の2つの作業を実施します。

◎機械系保全作業 ◎電気系保全作業

h3_schedule02

3級の受検資格は以下のとおりです。

◎機械保全に関する業務に従事している者および従事しようとしている者
※実務経験の有無、年数は問いません。 平成28年度3級受検案内はこちら

chu10pc

◎インターネットにて平成28年3月14日 (月) 13:00〜4月8日 (金) 23:59

◎個人申請の方はこちら
◎団体申請で団体情報登録はこちら

chu11pc

◎インターネット申請受付期間:平成28年4月1日 (金) 〜4月20日 (水) 23:59まで
◎郵送申請:平成28年4月1日 (金) 〜4月15日 (金) 消印有効
※郵送申請とインターネット申請では、申請期間が異なりますのでご注意ください!

chu12pc

◎インターネット申請
平成28年4月1日 (金) 〜4月20日 (水) 23:59まで
個人申請の詳細はこちら
団体申請の詳細はこちら

◎郵送申請受付期間
平成28年4月1日 (金) 〜4月15日 (金) 消印有効
個人申請の詳細はこちら
団体申請の詳細はこちら

※団体申請について
受検申請は原則として受検者本人からの申請となります。
ただし、団体等で取りまとめて受検される場合は取りまとめ担当者による代理申請も可能です。
代理申請による申請の場合は、必ず受検者本人の同意(確認)を得てください。
代理申請による申請内容に不備などで受検できなかった場合や、不便・費用などの不利益が発生しても当会は責任を負いかねます。

h3_schedule03

一般 学生※
学科試験・実技試験両方の受検(区分A ) 19,400円 14,000円
学科試験のみ受検(区分B) 4,000円 4,000円
実技試験のみ受検(区分C) 15,400円 10,000円
※学生の手数料について

学生受検手数料の適用対象者は、下記のとおりです。

◎職業能力開発促進法第15条の6第3項に規定する公共職業能力開発施設(職業能力開発校、職業能力開発短期大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発促進センター、障害者職業能力開発校)において職業訓練を受ける者

◎同法第25条に規定する認定職業訓練を行う事業主等の設置に係る職業訓練施設において認定職業訓練を受ける者(就職している者を除く)

◎同法第27条第1項に規定する職業能力開発総合大学校に在学する者

◎学校教育法第1条に規定する高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、特別支援学校、大学、高等専門学校に在学する者

◎同法第124条に規定する専修学校に在学する者

◎同法第134条第1項に規定する各種学校に在学する者

chu4pc

学科試験 平成28年7月17日(日)
※学科試験は全国統一日に実施します。

◎学科試験の実施地区はこちら(PDF)

実技試験
<機械系保全作業>
平成28年7月17日(日)
※機械系保全作業実技試験は全国統一日に実施します。

◎機械系保全作業実技試験の実施地区はこちら(PDF)

<電気系保全作業>
平成28年6月18日(土)〜平成28年8月7日(日)
※上記の期間内で、原則として土曜日・日曜日で実施します。

◎電気系保全作業実技試験の実施地区はこちら(PDF)

実施地区は2016年3月時点での予定です。予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。最終的には受検票で確認ください。

h3_schedule06

学科試験 真偽法30問(マークシート方式)
実技試験 機械系保全作業…判断等試験方式、70分(マークシート方式)
電気系保全作業…製作等作業試験方式、110分

h3_schedule07

検定試験 実技試験問題(概要)をPDFにてご覧いただけます。

◎機械系保全作業 実技試験問題 概要(PDF)

◎電気系保全作業 実技試験問題(PDF)

※電気系保全作業は受検票とあわせて郵送いたします。

h3_schedule08_vol1

学科・実技試験の試験問題・正答例は、試験期間終了後に公表します。

h3_schedule09

平成28年8月26日(金)を予定しています。
当サイトで合格者の受検番号を公開します。
※電話やE-mailなどによる受検番号・合否に関する問合せにはお答えできません。

h3_schedule101

次の場合に合格証書の交付を受けたい方は、合格証書交付申請を行っていただく必要があります。
◎異なる年度に、別々に学科試験と実技試験に合格した場合
◎すでに実技試験の免除資格を有している者が、学科試験に合格した場合
◎すでに学科試験の免除資格を有している者が、実技試験に合格した場合
◎両方の試験の免除資格を有している場合
※いずれも同一級の同一作業に限ります。

第1回試験の概要

試験スケジュール概要

第1回試験は、3級の2つの作業を実施します。

◎機械系保全作業 ◎電気系保全作業

3級 学科試験

3級の受検資格は以下のとおりです。

◎機械保全に関する業務に従事している者および従事しようとしている者
※実務経験の有無、年数は問いません。

3級 実技試験

◎インターネットにて平成28年3月14日 (月) 13:00〜4月8日 (金) 23:59

◎個人申請の方はこちら
◎団体申請で団体情報登録はこちら

3級 実技試験

◎インターネット申請受付期間:平成28年4月1日 (金) 〜4月20日 (水) 23:59まで
◎郵送申請:平成28年4月1日 (金) 〜4月15日 (金) 消印有効
※郵送申請とインターネット申請では、申請期間が異なりますのでご注意ください!

3級 実技試験

◎インターネット申請
平成28年4月1日 (金) 〜4月20日 (水) 23:59まで
個人申請の詳細はこちら
団体申請の詳細はこちら

◎郵送申請受付期間
平成28年4月1日 (金) 〜4月15日 (金) 消印有効
個人申請の詳細はこちら
団体申請の詳細はこちら

※団体申請について
受検申請は原則として受検者本人からの申請となります。
ただし、団体等で取りまとめて受検される場合は取りまとめ担当者による代理申請も可能です。
代理申請による申請の場合は、必ず受検者本人の同意(確認)を得てください。
代理申請による申請内容に不備などで受検できなかった場合や、不便・費用などの不利益が発生しても当会は責任を負いかねます。

3級 実技試験

一般 学生※
学科試験・実技試験両方の受検(区分A ) 19,400円 14,000円
学科試験のみ受検(区分B) 4,000円 4,000円
実技試験のみ受検(区分C) 15,400円 10,000円

※学生の手数料について

学生受検手数料の適用対象者は、下記のとおりです。

◎職業能力開発促進法第15条の6第3項に規定する公共職業能力開発施設(職業能力開発校、職業能力開発短期大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発促進センター、障害者職業能力開発校)において職業訓練を受ける者

◎同法第25条に規定する認定職業訓練を行う事業主等の設置に係る職業訓練施設において認定職業訓練を受ける者(就職している者を除く)

◎同法第27条第1項に規定する職業能力開発総合大学校に在学する者

◎学校教育法第1条に規定する高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、特別支援学校、大学、高等専門学校に在学する者

◎同法第124条に規定する専修学校に在学する者

◎同法第134条第1項に規定する各種学校に在学する者

平成27年度 機械保全技能検定 機械保全技能検定

学科試験 平成28年7月17日(日)
※学科試験は全国統一日に実施します。

◎学科試験の実施地区はこちら(PDF)

実技試験
<機械系保全作業>
平成28年7月17日(日)
※機械系保全作業実技試験は全国統一日に実施します。

◎機械系保全作業実技試験の実施地区はこちら(PDF)

<電気系保全作業>
平成28年6月18日(土)〜平成28年8月7日(日)
※上記の期間内で、原則として土曜日・日曜日で実施します。

◎電気系保全作業実技試験の実施地区はこちら(PDF)

実施地区は2016年3月時点での予定です。予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。最終的には受検票で確認ください。

3級 合格発表

学科試験 真偽法30問(マークシート方式)
実技試験 機械系保全作業…判断等試験方式、70分(マークシート方式)
電気系保全作業…製作等作業試験方式、110分

平成27年度 機械保全技能検定 機械保全技能検定

検定試験 実技試験問題(概要)をPDFにてご覧いただけます。

◎機械系保全作業 実技試験問題 概要(PDF)

◎電気系保全作業 実技試験問題(PDF)

※電気系保全作業は受検票とあわせて郵送いたします。

平成27年度 機械保全技能検定 機械保全技能検定

学科・実技試験の試験問題・正答例は、試験期間終了後に公表します。

平成27年度 機械保全技能検定 機械保全技能検定

平成28年8月26日(金)を予定しています。
当サイトで合格者の受検番号を公開します。

※電話やE-mailなどによる受検番号・合否に関する問合せにはお答えできません。

平成27年度 機械保全技能検定 機械保全技能検定

次の場合に合格証書の交付を受けたい方は、合格証書交付申請を行っていただく必要があります。
◎異なる年度に、別々に学科試験と実技試験に合格した場合
◎すでに実技試験の免除資格を有している者が、学科試験に合格した場合
◎すでに学科試験の免除資格を有している者が、実技試験に合格した場合
◎両方の試験の免除資格を有している場合
※いずれも同一級の同一作業に限ります。