公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

マイページ ログイン

 

h2_beginner

h3_beginner01

機械保全とは、工場の設備機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的な作業です。機械保全技能検定は、機械の保全に必要な技能・知識を対象として実施いたします。
機械保全技能検定に合格すると、「機械保全技能士」と名乗ることができます。

h3_beginner03

機械保全技能士を取得することで、保全の知識と技能が第三者からも明らかな形で公平に評価されます。

高度な製造環境に対応できる保全士を数多く輩出することが期待でき、質の高い労働人口が確保されることにより、産業界(企業)の競争力強化を支援します。

企業・団体によっては、受検料補助、合格報奨金の支給、資格手当て給付等を受けることができます。
資格取得者のメリット

h3_beginner04

機械保全技能検定は、国家技能検定の128職種のうち、「機械保全」にかかる国家試験です。
求められる知識や技能が級によって区別されており、特級、1級、2級、3級、基礎級と等級があります。
資格を取得するには、職業能力開発促進法に基づく指定機関(公益社団法人日本プラントメンテナンス協会)が実施する、国家試験の学科および実技の各試験に合格する必要があります。
※学科試験か実技試験のどちらか一方のみ合格した方(一部合格者)は、試験免除制度により、次回以降は不合格となった試験のみを受検し、合格することで「技能士」となることができます。(ただし、特級については合格した日から5年間有効です。)

初めての方へ

機械保全とは?

機械保全とは?

機械保全とは、工場の設備機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的な作業です。機械保全技能検定は、機械の保全に必要な技能・知識を対象として実施いたします。
機械保全技能検定に合格すると、「機械保全技能士」と名乗ることができます。

機械保全技能士とは?

機械保全技能士を取得することで、保全の知識と技能が第三者からも明らかな形で公平に評価されます。

高度な製造環境に対応できる保全士を数多く輩出することが期待でき、質の高い労働人口が確保されることにより、産業界(企業)の競争力強化を支援します。

企業・団体によっては、受検料補助、合格報奨金の支給、資格手当て給付等を受けることができます。

資格取得者のメリット

企業のメリット

機械保全技能士資格を取得する方法は?

機械保全技能検定は、国家技能検定の128職種のうち、「機械保全」にかかる国家試験です。
求められる知識や技能が級によって区別されており、特級、1級、2級、3級、基礎級と等級があります。
資格を取得するには、職業能力開発促進法に基づく指定機関(公益社団法人日本プラントメンテナンス協会)が実施する、国家試験の学科および実技の各試験に合格する必要があります。

※学科試験か実技試験のどちらか一方のみ合格した方(一部合格者)は、試験免除制度により、次回以降は不合格となった試験のみを受検し、合格することで「技能士」となることができます。(ただし、特級については合格した日から5年間有効です。)