公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

新規登録・マイページ ログイン

 

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。
さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。

技能検定職種 選択作業 特級 1級 2級 3級
機械保全 機械系保全作業
電気系保全作業
設備診断作業 -

受検資格は機械保全に関する業務(※1)に就いていた実務経験年数(※2)により判定します。

等級受検に必要な実務経験年数
特級1級合格後5年以上
1級7年以上
2級2年以上
3級0年

※1 機械保全に関する業務の例

・機械、設備の保全計画の作成

・機械、設備に生ずる欠陥の発見

・機械、設備の異常時の対応

・機械、設備状況の測定データの収集

・機械、設備状況の測定データの解析および判定

・機械、設備の保全方法の決定および処置

※2 実務経験年数には、管理監督、訓練、教育および研究に関する業務などや入職後に機械保全に関する訓練または教育を受けた経験も含みます。なお、実務経験の期間の算定に当たっては、これらを通算してもよいこととしていますが、例えば「〜後○年」のような要件にあっては、「〜後」に係る実務経験のみが通算の対象となります。

※3 実務経験年数の算出方法は、機械保全に関する業務に就いた日から受検申請最終日までです。「1級合格後」は1級合格日の翌日から受検申請最終日までを算出してください。


受検に必要な実務経験年数は、学歴や職業訓練受講歴などに応じて短縮されます。
受検資格を確認する場合は、受検資格判定をご利用ください。

受検資格判定をする
各級別の受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧でご確認ください。

◎特級 受検資格一覧(PDF)
◎1級 受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧(PDF)
◎2級 受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧(PDF)
◎3級 受検資格一覧(PDF)
◎当協会が個別に認定した機械保全技能検定における職業訓練による受検資格(短縮要件)(PDF)

<機械保全に関する学科の目安について>
 工業高校などの場合
 ○:機械科、電気科、機械工学科など
 ×:普通科、商業科、土木科、建築科など 
 大学・短大などの場合
 ○:工学部 機械工学科、電気工学科など
 ×:文系学科・学部(文学、経済、経営、法)、医学部など
 ご不明な場合は機械保全技能検定事務局にお問い合わせください。

技能検定の実技試験または学科試験の合格者と同等以上の能力を有すると認められる者は、試験の免除を受けることができます。
詳細は下表(PDF)でご確認ください。

◎特級 試験の免除について(PDF)
◎1級 試験の免除について(PDF)
◎2級 試験の免除について(PDF)
◎3級 試験の免除について(PDF)
◎試験の免除について一覧(PDF)

試験は学科試験と実技試験を行います。
学科試験と実技試験の両方に合格することで「技能士」と称することができます。

(1) 学科試験
等級 問題形式 試験時間
特 級 五肢択一 50 問 120分
1 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
2 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
3 級 真偽法 30問 60分

(2) 実技試験
等級 選択作業 試験形式 試験時間
特 級 計画立案等作業試験 150分※
1 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 100分
2 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 80分
3 級 機械系保全作業 判断等試験 70分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分

※平成29年度より従来の180分から150分に変更となります。


製作等作業試験 判断等試験 計画立案等作業試験
受検者に物の作製、組立て、調整、ロールプレイング等で実際に作業を行わせる試験 受検者に対象物又は現場の状態、状況等を原材料、標本、模型、写真、ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、測定等を行わせることにより技能の程度を評価する試験 受検者に現場における実際的な課題等を紙面を用いて表、グラフ、図面、文章等によって掲示し、計算、計画立案、予測等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。 さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。


◎全等級の試験科目およびその範囲はこちら

◎特級の試験科目およびその範囲はこちら

◎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎2級の試験科目およびその範囲はこちら

◎3級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎2級の試験科目およびその範囲はこちら

第1回は5月下旬ごろ、第2回は11月上旬に当サイトに掲載・送付する予定です。
そのほかの作業は出題例として問題概要を事前に掲載する予定です。

過去に実施した3回分の機械保全技能検定試験の問題および正解を掲載しています。
過去の試験問題についてはこちら

学科試験および実技試験ともに試験問題は試験終了後に持ち帰りが可能です。
また、学科試験および実技試験の正答例を試験終了後(実技試験は実施期間終了後)に当サイトで公開します。

<合否基準>
学科試験:加点法で100点満点として65点以上の場合、合格となります。
実技試験:減点法で41点以上の減点がない場合、合格となります。

<実技試験の減点法について>
正答以外の解答(不正解、空欄、記入ミスなど)は、すべて減点対象となります。
正答以外の解答について、各設問に配点された減点数が100点から減点されます。

<採点について>
各設問の配点、受検者個別の解答内容、採点結果については非公開です。

等級 区分 受検手数料
特 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
1 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
2 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
35歳未満
(平成29年4月1日時点)
6,400円
3 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
学校教育法の規定による学校、大学(大学院、専門職大学院、短期大学を含む)および高等専門学校ならびに専修学校の高等課程または専門課程の生徒および学生など 10,000円

※受検手数料以外に決済方法により、振込手数料や決済手数料(80円)がかかります。また、振込手数料や決済手数料は申請者のご負担となります。

実施期日

第1回試験は6月~8月ごろ、第2回試験は12月~2月ごろに実施いたします(予定)。
詳細は3月と9月にご案内いたしますので、それぞれの回の試験の概要ページにてご確認ください。

障がい者特別措置制度

障がいを持つ方が受検しやすいよう特別措置を設けております。
試験会場の環境・設備によっては対応が困難な場合もありますので、ご了承ください。

<主な特別措置>
アナウンス内容の見える化、試験問題・解答用紙の拡大、付添者の入室、試験会場内の座席の配慮、車椅子での受検、駐車場の確保など

※上記以外の措置が必要な方や詳細は受検サポートセンターへお問合せください。

※受検申請後に必ず受検サポートセンターにご連絡ください。

試験要項

等級および作業

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。
さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。

技能検定職種 選択作業 特級 1級 2級 3級
機械保全 機械系保全作業
電気系保全作業
設備診断作業 -

受験資格

受検資格は機械保全に関する業務(※1)に就いていた実務経験年数(※2)により判定します。

等級受検に必要な実務経験年数
特級1級合格後5年以上
1級7年以上
2級2年以上
3級0年

※1 機械保全に関する業務の例

・機械、設備の保全計画の作成

・機械、設備に生ずる欠陥の発見

・機械、設備の異常時の対応

・機械、設備状況の測定データの収集

・機械、設備状況の測定データの解析および判定

・機械、設備の保全方法の決定および処置

※2 実務経験年数には、管理監督、訓練、教育および研究に関する業務などや入職後に機械保全に関する訓練または教育を受けた経験も含みます。なお、実務経験の期間の算定に当たっては、これらを通算してもよいこととしていますが、例えば「〜後○年」のような要件にあっては、「〜後」に係る実務経験のみが通算の対象となります。

※3 実務経験年数の算出方法は、機械保全に関する業務に就いた日から受検申請最終日までです。「1級合格後」は1級合格日の翌日から受検申請最終日までを算出してください。


受検に必要な実務経験年数は、学歴や職業訓練受講歴などに応じて短縮されます。
受検資格を確認する場合は、受検資格判定をご利用ください。

受検資格判定をする
各級別の受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧でご確認ください。

◎特級 受検資格一覧(PDF)
◎1級 受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧(PDF)
◎2級 受検資格(短縮要件)と受検資格No一覧(PDF)
◎3級 受検資格一覧(PDF)
◎当協会が個別に認定した機械保全技能検定における職業訓練による受検資格(短縮要件)(PDF)

<機械保全に関する学科の目安について>
 工業高校などの場合
 ○:機械科、電気科、機械工学科など
 ×:普通科、商業科、土木科、建築科など 
 大学・短大などの場合
 ○:工学部 機械工学科、電気工学科など
 ×:文系学科・学部(文学、経済、経営、法)、医学部など
 ご不明な場合は機械保全技能検定事務局にお問い合わせください。

試験免除

技能検定の実技試験または学科試験の合格者と同等以上の能力を有すると認められる者は、試験の免除を受けることができます。
詳細は下表(PDF)でご確認ください。

◎特級 試験の免除について(PDF)
◎1級 試験の免除について(PDF)
◎2級 試験の免除について(PDF)
◎3級 試験の免除について(PDF)
◎試験の免除について一覧(PDF)

試験の方法

試験は学科試験と実技試験を行います。
学科試験と実技試験の両方に合格することで「技能士」と称することができます。

(1) 学科試験

等級 問題形式 試験時間
特 級 五肢択一 50 問 120分
1 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
2 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
3 級 真偽法 30問 60分

(2) 実技試験
等級 選択作業 試験形式 試験時間
特 級 計画立案等作業試験 150分※
1 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 100分
2 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 80分
3 級 機械系保全作業 判断等試験 70分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分

※平成29年度より従来の180分から150分に変更となります。


製作等作業試験 判断等試験 計画立案等作業試験
受検者に物の作製、組立て、調整、ロールプレイング等で実際に作業を行わせる試験 受検者に対象物又は現場の状態、状況等を原材料、標本、模型、写真、ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、測定等を行わせることにより技能の程度を評価する試験 受検者に現場における実際的な課題等を紙面を用いて表、グラフ、図面、文章等によって掲示し、計算、計画立案、予測等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

試験科目およびその範囲

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。 さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。


◎全等級の試験科目およびその範囲はこちら

◎特級の試験科目およびその範囲はこちら

◎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎2級の試験科目およびその範囲はこちら

◎3級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎2級の試験科目およびその範囲はこちら

実技試験問題の事前公表

第1回は5月下旬ごろ、第2回は11月上旬に当サイトに掲載・送付する予定です。
そのほかの作業は出題例として問題概要を事前に掲載する予定です。

過去の試験問題

過去に実施した3回分の機械保全技能検定試験の問題および正解を掲載しています。
過去の試験問題についてはこちら

試験問題の持ち帰りと正答例の公開

学科試験および実技試験ともに試験問題は試験終了後に持ち帰りが可能です。
また、学科試験および実技試験の正答例を試験終了後(実技試験は実施期間終了後)に当サイトで公開します。

合否基準

<合否基準>
学科試験:加点法で100点満点として65点以上の場合、合格となります。
実技試験:減点法で41点以上の減点がない場合、合格となります。

<実技試験の減点法について>
正答以外の解答(不正解、空欄、記入ミスなど)は、すべて減点対象となります。
正答以外の解答について、各設問に配点された減点数が100点から減点されます。

<採点について>
各設問の配点、受検者個別の解答内容、採点結果については非公開です。

受検手数料

等級 区分 受検手数料
特 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
1 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
2 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
35歳未満
(平成29年4月1日時点)
6,400円
3 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
学校教育法の規定による学校、大学(大学院、専門職大学院、短期大学を含む)および高等専門学校ならびに専修学校の高等課程または専門課程の生徒および学生など 10,000円

※受検手数料以外に決済方法により、振込手数料や決済手数料(80円)がかかります。また、振込手数料や決済手数料は申請者のご負担となります。

実施期日

第1回試験は6月~8月ごろ、第2回試験は12月~2月ごろに実施いたします(予定)。
詳細は3月と9月にご案内いたしますので、それぞれの回の試験の概要ページにてご確認ください。

障がい者特別措置制度

障がいを持つ方が受検しやすいよう特別措置を設けております。
試験会場の環境・設備によっては対応が困難な場合もありますので、ご了承ください。

<主な特別措置>
アナウンス内容の見える化、試験問題・解答用紙の拡大、付添者の入室、試験会場内の座席の配慮、車椅子での受検、駐車場の確保など

※上記以外の措置が必要な方や詳細は受検サポートセンターへお問合せください。

※受検申請後に必ず受検サポートセンターにご連絡ください。