公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会


国家検定 機械保全技能検定

マイページ ログイン

 

h2_points

h3_points01

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。
さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。

技能検定職種 選択作業 特級 1級 2級 3級
機械保全 機械系保全作業
電気系保全作業
設備診断作業 -

h3_points02

受検資格は機械保全に関する業務(※1)に就いていた実務経験年数(※2)により判定します。

等級受検に必要な実務経験年数
特級1級合格後5年以上
1級7年以上
2級2年以上
3級0年

※1 機械保全に関する業務の例

・機械、設備の保全計画の作成

・機械、設備に生ずる欠陥の発見

・機械、設備の異常時の対応

・機械、設備状況の測定データの収集

・機械、設備状況の測定データの解析及び判定

・機械、設備の保全方法の決定及び処置

※2 実務経験年数には、管理監督、訓練、教育及び研究に関する業務等や入職後に機械保全に関する訓練又は教育を受けた経験も含みます。なお、実務経験の期間の算定に当たっては、これらを通算してもよいこととしていますが、例えば「〜後○年」のような要件にあっては、「〜後」に係る実務経験のみが通算の対象となります。


受検に必要な実務経験年数は、学歴や職業訓練受講歴等に応じて短縮されます。 詳しくは下の別表(PDF)をご覧ください。

●別表:機械保全技能検定 受検資格(PDF)

【参考】受検資格における実務経験年数の短縮要件に関する詳細
①職業訓練科及び職業訓練指導員免許の対応関係(PDF)
②上記以外の個別認定の公共職業訓練
・都道府県立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)
・独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)

h3_points10

(1)技能検定関係(機械保全職種に限る)
対象者 対象者における試験の免除の範囲
特級 1級 2級 3級
特級 学科試験のみ合格 学科の全部(※1)
実技試験のみ合格 実技の全部(※1)
1級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)
2級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)
3級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)
※1:学科試験又は実技試験に合格した日から5年間(最終年にあっては年度の終わりまで)有効。
※2:合格している作業と同一作業に限る。

<免除について>
・学科試験または実技試験の一方だけに合格している場合、合格している作業に限り、合格等級以下の合格している試験(学科または実技)が免除されます。
※学科試験または実技試験の一方合格の効力に、期限はありません。
 ただし、特級は、合格後5年以内に限ります。
【例】2級 機械系保全作業の学科試験にのみ合格 → 機械系作業の3級、2級の学科試験のみ免除
【例】2級 電気系保全作業の実技試験にのみ合格 → 電気系保全作業の3級、2級の実技試験のみ免除

・機械保全技能士(技能検定合格者)は、合格した作業以外の作業において、合格等級以下の学科試験が免除になります。
【例】2級 機械保全技能士(機械系保全作業) → 電気系保全作業、設備診断作業の3級、2級の学科試験が免除


(2)職業能力開発行政関係(機械保全職種に関する訓練科又は免許職種に限る)

対象者 対象者における試験の免除の範囲
特級 1級 2級 3級
指導員試験合格又は指導員免許取得 学科の全部
応用課程の高度職業訓練における技能照査合格 技能照査合格後実務経験年数 5年 学科の全部
2年 学科の全部
  学科の全部
専門課程の高度職業訓練における技能照査合格 技能照査合格後実務経験年数 4年 学科の全部
  学科の全部
普通課程の普通職業訓練における技能照査合格 学科の全部
短期課程の普通職業訓練について修了時試験合格かつ修了 1級技能士コース 学科の全部
2級技能士コース 学科の全部
都道府県技能検定委員、又は指定試験機関技能検定委員として技能検定に関わる職務に携わった期間が通算で2年以上であるもの 実技の全部(※3)
中央技能検定委員、又は指定試験機関技能検定委員として試験問題作成の職務に携わった期間が通算で2年以上であるもの 学科の全部及び実技の全部(※3)
※3:同一作業に限ります。

機械保全職種の免除資格に関する訓練科、免許職種については以下の別表(PDF)をご覧ください。
①訓練科、免許職種(PDF)
②上記以外の個別認定の公共職業訓練
・都道府県立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)
・独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)

h3_points03

試験は学科試験と実技試験を行います。
学科試験と実技試験の両方に合格することで「技能士」と称することができます。

(1) 学科試験
等級 問題形式 試験時間
特 級 五肢択一 50 問 120分
1 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
2 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
3 級 真偽法 30問 60分

(2) 実技試験
等級 選択作業 試験形式 試験時間
特 級 計画立案等作業試験 180分
1 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 100分
2 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 80分
3 級 機械系保全作業 判断等試験 70分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分

製作等作業試験 判断等試験 計画立案等作業試験
受検者に物の作製、組立て、調整、ロールプレイング等で実際に作業を行わせる試験 受検者に対象物又は現場の状態、状況等を原材料、標本、模型、写真、ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、測定等を行わせることにより技能の程度を評価する試験 受検者に現場における実際的な課題等を紙面を用いて表、グラフ、図面、文章等によって掲示し、計算、計画立案、予測等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

h3_points04

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。 さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。


◎全等級の試験科目およびその範囲はこちら

◎特級の試験科目およびその範囲はこちら

◎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎2級の試験科目およびその範囲はこちら

◎3級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎2級の試験科目およびその範囲はこちら

h3_points05_vol2

第1回試験は6月上旬ごろ、第2回試験は11月下旬ごろに当サイトに掲載します(予定)。
当サイトのお知らせでもご案内します。
なお、電気系保全作業は実技試験の受検票とともに送付します。

h3_points11

過去に実施した3回分の機械保全技能検定試験の問題および正解を掲載しています。
過去の試験問題についてはこちら

h3_points06

学科試験および実技試験ともに試験問題は試験終了後に持ち帰りが可能です。
また、学科試験および実技試験の正答例を試験終了後(実技試験は実施期間終了後)に当サイトで公開します。

h3_points07

学科試験:加点法で100満点として65点以上です。
実技試験:減点法で100満点として60点以上です。

h3_points08

等級 区分 受検手数料
特 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
1 級
2 級
学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
3 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
学校教育法の規定による学校、大学(大学院、専門職大学院、短期大学を含む)及び高等専門学校並びに専修学校の高等過程又は専門課程の生徒及び学生など 10,000円

※受検手数料のお支払の際には、受検手数料とは別に、事務手数料または 振込手数料が別途かかります。

試験要項

等級および作業

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。
さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。

技能検定職種 選択作業 特級 1級 2級 3級
機械保全 機械系保全作業
電気系保全作業
設備診断作業 -

受験資格

受検資格は機械保全に関する業務(※1)に就いていた実務経験年数(※2)により判定します。

等級受検に必要な実務経験年数
特級1級合格後5年以上
1級7年以上
2級2年以上
3級0年

※1 機械保全に関する業務の例

・機械、設備の保全計画の作成

・機械、設備に生ずる欠陥の発見

・機械、設備の異常時の対応

・機械、設備状況の測定データの収集

・機械、設備状況の測定データの解析及び判定

・機械、設備の保全方法の決定及び処置

※2 実務経験年数には、管理監督、訓練、教育及び研究に関する業務等や入職後に機械保全に関する訓練又は教育を受けた経験も含みます。なお、実務経験の期間の算定に当たっては、これらを通算してもよいこととしていますが、例えば「〜後○年」のような要件にあっては、「〜後」に係る実務経験のみが通算の対象となります。


受検に必要な実務経験年数は、学歴や職業訓練受講歴等に応じて短縮されます。 詳しくは下の別表(PDF)をご覧ください。

●別表:機械保全技能検定 受検資格(PDF)

【参考】受検資格における実務経験年数の短縮要件に関する詳細
①職業訓練科及び職業訓練指導員免許の対応関係(PDF)
②上記以外の個別認定の公共職業訓練
・都道府県立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)
・独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)

試験免除

(1)技能検定関係(機械保全職種に限る)

対象者 対象者における試験の免除の範囲
特級 1級 2級 3級
特級 学科試験のみ合格 学科の全部(※1)
実技試験のみ合格 実技の全部(※1)
1級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)
2級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)
3級 技能検定合格 学科の全部
学科試験のみ合格 学科の全部(※2)
実技試験のみ合格 実技の全部(※2)

※1:学科試験又は実技試験に合格した日から5年間(最終年にあっては年度の終わりまで)有効。
※2:合格している作業と同一作業に限る。

<免除について>
・学科試験または実技試験の一方だけに合格している場合、合格している作業に限り、合格等級以下の合格している試験(学科または実技)が免除されます。
※学科試験または実技試験の一方合格の効力に、期限はありません。
 ただし、特級は、合格後5年以内に限ります。
【例】2級 機械系保全作業の学科試験にのみ合格 → 機械系作業の3級、2級の学科試験のみ免除
【例】2級 電気系保全作業の実技試験にのみ合格 → 電気系保全作業の3級、2級の実技試験のみ免除

・機械保全技能士(技能検定合格者)は、合格した作業以外の作業において、合格等級以下の学科試験が免除になります。
【例】2級 機械保全技能士(機械系保全作業) → 電気系保全作業、設備診断作業の3級、2級の学科試験が免除


(2)職業能力開発行政関係(機械保全職種に関する訓練科又は免許職種に限る)

対象者 対象者における試験の免除の範囲
特級 1級 2級 3級
指導員試験合格又は指導員免許取得 学科の全部
応用課程の高度職業訓練における技能照査合格 技能照査合格後実務経験年数 5年 学科の全部
2年 学科の全部
  学科の全部
専門課程の高度職業訓練における技能照査合格 技能照査合格後実務経験年数 4年 学科の全部
  学科の全部
普通課程の普通職業訓練における技能照査合格 学科の全部
短期課程の普通職業訓練について修了時試験合格かつ修了 1級技能士コース 学科の全部
2級技能士コース 学科の全部
都道府県技能検定委員、又は指定試験機関技能検定委員として技能検定に関わる職務に携わった期間が通算で2年以上であるもの 実技の全部(※3)
中央技能検定委員、又は指定試験機関技能検定委員として試験問題作成の職務に携わった期間が通算で2年以上であるもの 学科の全部及び実技の全部(※3)

※3:同一作業に限ります。

機械保全職種の免除資格に関する訓練科、免許職種については以下の別表(PDF)をご覧ください。
①訓練科、免許職種(PDF)
②上記以外の個別認定の公共職業訓練
・都道府県立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)
・独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立公共職業能力開発施設における公共職業訓練(PDF)

試験の方法

試験は学科試験と実技試験を行います。
学科試験と実技試験の両方に合格することで「技能士」と称することができます。

(1) 学科試験

等級 問題形式 試験時間
特 級 五肢択一 50 問 120分
1 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
2 級 真偽法 25問、四肢択一 25問 100分
3 級 真偽法 30問 60分

(2) 実技試験
等級 選択作業 試験形式 試験時間
特 級 計画立案等作業試験 180分
1 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 100分
2 級 機械系保全作業 判断等試験 80分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分
設備診断作業 判断等試験 80分
3 級 機械系保全作業 判断等試験 70分
電気系保全作業 製作等作業試験 110分

製作等作業試験 判断等試験 計画立案等作業試験
受検者に物の作製、組立て、調整、ロールプレイング等で実際に作業を行わせる試験 受検者に対象物又は現場の状態、状況等を原材料、標本、模型、写真、ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、測定等を行わせることにより技能の程度を評価する試験 受検者に現場における実際的な課題等を紙面を用いて表、グラフ、図面、文章等によって掲示し、計算、計画立案、予測等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

試験科目およびその範囲

機械保全技能検定は、特級、1級、2級、3級の等級に区分して実施します。 さらに、特級を除く各級では、選択作業別に試験を実施します。


◎全等級の試験科目およびその範囲はこちら

◎特級の試験科目およびその範囲はこちら

◎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎2級の試験科目およびその範囲はこちら

◎3級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎1級の試験科目およびその範囲はこちら

◎基礎2級の試験科目およびその範囲はこちら

実技試験問題の事前公表

第1回試験は6月上旬ごろ、第2回試験は11月下旬ごろに当サイトに掲載します(予定)。
当サイトのお知らせでもご案内します。
なお、電気系保全作業は実技試験の受検票とともに送付します。

過去の試験問題

過去に実施した3回分の機械保全技能検定試験の問題および正解を掲載しています。
過去の試験問題についてはこちら

試験問題の持ち帰りと正答例の公開

学科試験および実技試験ともに試験問題は試験終了後に持ち帰りが可能です。
また、学科試験および実技試験の正答例を試験終了後(実技試験は実施期間終了後)に当サイトで公開します。

合否基準

学科試験:加点法で100満点として65点以上です。
実技試験:減点法で100満点として60点以上です。

受検手数料

等級 区分 受検手数料
特 級 学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
1 級
2 級
学科試験 4,000円
実技試験 15,400円
3 級 学科試験 4,000円
実技試験 下記に該当する者以外 15,400円
学校教育法の規定による学校、大学(大学院、専門職大学院、短期大学を含む)及び高等専門学校並びに専修学校の高等過程又は専門課程の生徒及び学生など 10,000円

※受検手数料のお支払の際には、受検手数料とは別に、事務手数料または 振込手数料が別途かかります。